ベットとマットレスの「高反発」の組み合せで快適な睡眠をサポート

ベットに敷くマットレスは、組み合せにより、寝心地が左右されます。特に腰痛の持病がある方にお勧めなのは、ポケットコイルとラテックスの組み合わせが相性抜群です。これは、高反発と高反発の組み合わせなので、お値段は少し高くなりますが、寝心地は、かなり良いです。

少し料金的に高いと思われる方には、ポケットコイルだけでも選ばれると良いでしょう。

ベットのマットレスで、低反発の物を使うと、寝返りしにくかったり、身体が沈み込んでしまったりして、腰が痛くなる場合も有ります。

マットレスが身体を支えるためのコイルの数は、多い方が良いです。これは身体を支える点の数が増えるとしっかりと支えられますので、安定感が出てきます。ただしあまりコイルのか数が増えすぎると、横になった時に固く感じますので、実際にベット売り場等で自分にあう硬さを試してから購入すると失敗しません。

また、ベットのサイズですが、2人で寝る場合、セミダブルやキングサイズを選ぶよりも、シングルサイズ2つを付けて使用した方が、ゆっくりと休むことが出来ます。シングルサイズのベットを2つ隙間なくつけることが出来るドッキングタイプのベットを選ぶと相手の動きも気にならずに眠ることが出来ますので、とても便利です。

高反発マットレスはまだ販売しているメーカーが少ないですが、高価格帯、低価格帯と二極化していると思います。ある程度予算があるかたは高価格帯を、そうではないかたは一度低価格帯でお試ししてみることをおすすめします。

まずはどういったメーカーが高反発マットレスを出しているのか、人気のブランドは何かをリサーチしましょう。たとえば口コミサイトのランキングなどを見てみるのも参考になるはずですよ。
参考→高反発マットレス 人気おすすめランキング

「極上の眠り」を決める?ベッドと高反発マットレスの選び方

人は一生のうちに、実に多くの時間を「睡眠」に費やしている…といわれています。

「寝具なんて、どれでも同じでしょう」と思っているあなたは要注意。

ベッドとマットレスを丁寧に選ぶことによって、「極上のライフスタイルを演出する」ことも可能なのです。「なんだか最近疲れがとれない」「昼間も眠くてイライラする、頭が痛い」こんな方はお使いのベッドとマットレスが、カラダに合っていない可能性もあります。

ベッドはデザインを重視しがちですが、よいベッドの選びかたとして大切なものは「よいマットレスを選んであげること」です。マットレスには大きくわけて2パターンあります。ひとつはソフト、そしてもうひとつはハード。最近よく知られている「高反発マットレス」はハードに分けられ、綿に包まれたような、柔らかな風合いが特徴の寝具です。沈み込むような優しい体感を味わうことができます。ボディー全体を包み込んでくれるため、冬はとても温か。

冷え性に悩んでいる女性にもおすすめの形状です。対してハードなタイプのものは、カラダをしっかりガードしてくれる頑丈なもの。腰痛で悩んでいる方にとっては、ソフトよりもハードタイプを選ぶことによって、カラダの痛みが緩和できるメリットがあります。

ベッドの良さを見分ける!マットレスを選ぶポイント

ベッドや布団、それぞれ寝る時のスタイルの好みは様々かと思います。ベッドが布団よりも優れている点としては、布団の上げ下ろし作業がない、お年寄りでも寝起きが楽にできるといったことがあります。この他にも、寝る時の床からの高さがあるため、寝ている時の空気中のほこりを吸い込みにくいことも利点と言えます。また、ベッドの硬さをマットレスで調節できるのも利点と言えるでしょう。

ベッドのマットレスは、頭部、胸部、骨盤部の3点をしっかりと支えられる硬さがポイントとなります。この3か所の重力を受ける部分が柔らかすぎると、不自然な寝姿勢になり、腰痛や肩こりなどの原因になることもあります。だからといって硬すぎるマットレスがいいわけではありません。硬すぎると、自分の体重がその3点にかかり過ぎて血液循環が悪くなりやすいです。マットレスは、体重、体格に合わせた、ほどよい硬さと柔らかさがあるものを選ぶことが大切です。

マットレスを選ぶ際には、値段や見た目だけでなく、スプリングや詰め物によってかなり特性が違いますので、実際に横になって寝心地を確認することが大切です。見た目では分からない特徴を体感することができ、より好みに合ったものを選ぶことができます。

腰痛予防には高反発の硬めのマットレスがおすすめですよ

ベッドで寝ると朝起きた時にどうも腰が痛くなっているという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

マットレスが合っていないと、起きた時から腰痛などの不調があらわれてなんだかスッキリしませんよね。

またもともと腰痛持ちの方はマットレス選びは慎重にしなければなりません。

マットレスはそうそう買い換えるものではないので、快眠のためにじっくり選びましょう。

マットレスは硬すぎても柔らかすぎてもダメで、背骨のカーブが保たれるものがベストです。

腰痛持ちや腰痛を予防したい人におすすめのマットレスは、高反発マットレスです。

高反発マットレスはいろんなメーカーから販売されています。

高反発マットレスは低反発のもとの比較すると硬いですが、人間が理想とする睡眠姿勢をきっちり保ってくれるんですよ。

高反発マットレスは、硬さがあるのでヘタリにくく長く使えるのが特徴です。

また通気性がよく、ダニやカビが繁殖しにくく、洗濯しやすい商品が多いので、汗をよくかく夏場や子供がおねしょをした場合でも洗濯できるため衛生的です。

メリットが多い分、価格も高めですが、インターネットならシングルサイズで5,000円前後と手軽な価格で購入できるものもありますよ。

腰痛予防には体が沈んでしまう柔らかめのマットレスは使わないようにしましょう。

ベッドやマットレスを選ぶときに気をつけること

ベッドは布団に比べて床のほこりを吸い込むことが少ないなどの利点があります。そのためベッドを選ぶときはまずは余裕のあるサイズを選ぶことです。

特に2人で並んで寝たりする場合は、15センチ以上の余裕が必要になります。さらに、ベッドメイキングのスペースなども必要になります。ベッドの素材についてもさまざまなものがありますので、部屋のバランスやインテリアも含めて選ぶ必要があります。実際に届いてみると部屋が狭く見えるということがないように注意すべきです。

マットレスを選ぶときに気をつけることは、その素材と寝心地です。値段だけでなく実際に寝てみてから寝やすい素材を選ぶことです。個人の感性もありますので自分に合ったものに出会うまでしっかりと探し続ける必要があります。

ベッドには、引き出しのついているものやソファベッドになるもの、和室のような感じで寝られる畳ベッドなどさまざまなものがあります。引き出しのついているものは収納力も上がるため便利です。

ベッドとマットレスを別々に購入する際にはサイズにも気をつけることです。マットレスはオーダーメイドで作ることができるものもありますので

ピッタリとしたサイズを選ぶ必要もあります。

トップバリュ 高反発マットレスの組み合わせ

それまで普通のマットレスを使っていましたが、へたれてきたのもあって寝起きに軽く腰痛になることがありました。どうしようと思っていた時に、いつも利用しているイオンのお店で比較的手軽な価格でマットレスがあることを知りました。

ただ、低反発タイプと高反発タイプがありどちらがいいのかを大変悩み、結局寝返りがしやすいということで高反発をセレクトしました。

畳に布団ですが、敷布団に重ねるだけでOK。ウレタンなので、軽くて扱いやすいのも良かったです。

寝てみたところ、なるほど高反発。体が沈み込みすぎなく軽く浮いたような感覚。好みもあると思いますが、私には合っていると思いました。

驚いたことに、一晩寝て起きたら腰痛が全くない!これにはびっくりでしたが、本当に嬉しい効果でした。

高価なマットレスに比べれば、へたれるのも早いと思いますが、とりあえず試してみるという感覚であればすぐに試せる価格であり商品であると思います。

ただ、一つ問題があって、腰痛は無くなったのですが、今度は枕と合わなくなり肩こりがひどくなってしまいました。ぺったんこの枕が高反発ウレタンと相性が合わなくなってしまったようです。こちらも、少し高さのあるしっかりウレタンの入った枕に変えたら、肩こりもだいぶ解消されました。枕のことまでは全く考えてなかったので、マットレスだけではなく全体のバランスが必要なんだなと思いました。

買い替えもしやすいので、次は低反発も試してみようかなと思ったりしています。寝具を選ぶ楽しみが出来たと思います。

西川のムアツの効果

当時ムアツ式のマットレスが当時流行っていたので購入してみました。シングルサイズです。使わない時には3つに折りたたんでマジックテープで止めることができるので非常に便利です。それに布団と比べてもかなり軽いので持ち運びが便利で掃除の時や干すときなどは特に助かっています。なので両親にこの同じムアツを買ってプレゼントをしたこともあります。やはり喜んでもらえました。

これまで普通の布団を使用していたため、でこぼこしている状態でちゃんと寝られるのかがとても不安だったことを覚えています。一度もお店でこの商品を試していなかったからなのですが・・・。

実際に使用してみるととても寝心地がよく、それ以来ずっと使用し続けています。もう数年間使用していますが、まったくいたんだところが無いのでさすがだなあと思っています。夏でも冬でも使っていて、特に問題はありません。カバーを変えたり、冬場は暖かいマットのようなものを乗せていつも寝ています。

これまで一度も腰や体が痛くなったりしたことはなく、硬さや寝心地などに関しても特に不満な点はありません。厚みも使い始めた当初と比べてまったく変わっていませんし、これからも使い続けていくつもりではいます。

低価格帯の高反発マットレスにご注意

某ホームセンターで3000円程度の高反発ウレタンマットレスを購入しました。

私自身、硬いベッドが好きで、マットレスを購入するのは始めてだったので、『高』の文字のついた、固そうな高反発の物を購入しました。家に帰り気持ちよく眠れる夜を思いながら、マットレスをセッティング。

夜になり、ワクワクして布団に入ると「あれ…?固くない…」思っていたような、固さではなかったのです。低反発の物よりも柔らかい。びっくりしました。私は『低』は沈む『高』は沈まない、というイメージだったので驚きました。その考えは間違っていたのですね…。

眠い目を擦りながらマットレスを片付け、マットレス無しで眠りにつきました。マットレスはタンスの肥やしになりました。この勘違いは私だけなのでしょう。お恥ずかしいです。今はマットレスを使わず、スプリングの入ったベッドで寝ています。

私には柔らかく、腰が悲鳴をあげています。ベッド自体を、変えなくてはいけないのかもしれませんね。むしろ、床で寝た方がいいのかもしれませんが。身体に合っているのなら、ホームセンターで3000円はお手頃だったんですけど…残念な結果に終わりました。

マニフレックスのマニウィング

マイウィングは途中でデザイン、素材変更がありましたが10年以上使用しています。

それは、低反発より高反発の方が自分に合っていると思ったからです。

テンピュールの様な柔らかいモデルは夏に暑くてたまりません。クーラーがガンガン効いている部屋でないと辛いですね。

表面にメッシュ素材を使用しているのでカバーを付けてはいますが通気が良さそうな感じです。

掃除機をかけて細かいゴミ、ダニ死骸が良く取れているみたいです。

固いウレタンは仰向けで寝たときになんとも気持ちが良くなります(楽な感じ)

うまく表現できませんが畳に薄いマットレスを敷いた感じでしょうか?

寝返りは起きたことがありません。おそらくストレスにはなっていないと思われます。

価格は安くありません。寝具でお世話になっている通販で30000円位しました。

(父、母にもプレゼントしたので購入時にちょっと割引してくれました。)

耐久性は抜群です。毎日使用してもへたれる(?)事がありません。毎回固さを感じます。

最初に買ったマットレスはフローリングの上に敷きっぱなしで湿度の高い部屋で使用していたので

残念ながら、カビを生やした事がありました。

再度購入した時から週に1度は立てて通気を確保しています。

マニウィングは三つ折りタイプのマットレスなので立てることが簡単です。

移動させるために取手も付いています(移動させることはありませんが)

今使っている物がダメになってもまた購入したいと思います。

ニトリで買った3,800円の高反発マットレス

妊娠したのを期にマットレスの購入を考えました。

最初はいたって普通の布団を使用していましたが、妊娠中期からお腹も大きくなり特に腰痛が酷くなっていました。

寝返りをうつのも「イタタタ・・・」という感じでしたので布団の下にマットレスをひこうとなりました。

ネットで検索すると、妊婦には高反発の少し硬い目のものがいいとのことでしたので、早速店頭へ行き高反発の折りたたみ可能なマットレスを購入致しました。

使ってみた感触としては「最高!」の一言です。

今まで寝返りのたびに目覚めていましたが、今では朝までグッスリ眠ることが出来ています。

腰痛も妊婦はある程度は仕方ないですが、半減したかと思います。

高反発は今までのイメージだと硬くて逆に腰に悪いのでは?と思っていましたが、どうやらそうではなさそうです。

低反発だと体の体重が全て腰にくるみたいです。

その為、腰痛持ちの方や妊婦の方こそ高反発の方がいいんだなと身を持って感じました。

コスパも十分満足です。

どうしても赤ちゃんを迎える準備の方にお金をかけてしまうので、自分のものはそんなに高くなくても・・・という考えなので、3800円でこれだけ発揮できたら御の字です。

折りたたみなので収納にも困らないかなと思います。